友人との相性を調べる│九星気学を活かして素敵な出会いを

占いの道具

見えない力に頼る心構え

バラとハート

おまじないは約束事を守った利用が必要ですが信じるといった事にも注意すべきで、集中できない場合は占い師といった物にも適度に頼る様にするべきです。これらは信じる事で願いに向かわせる原動力となる特徴も持っていますが、進まないと感じた場合には専門家のアドバイスも参考に変更する事も大事となります。

詳細

簡単にできます

複数のハート

当たる占いを利用したいと思う方は多いですが、鑑定士の方との波長も大事です。そのため、まずは数か所利用してみる気持ちで占ってもらうことが重要です。口コミや体験談なども行く前に読んでおくと、失敗を未然に防ぐこともできます。

詳細

運が開ける方位

手相占い

占いの基本となる九星図

九星気学とは自分の生まれたその時に受ける気によって定まる、人の運気を占うものです。生まれた月日によって九星に分かれ、それぞれに一白水星、といったような名前が付けられています。4文字のうち前半の2文字は数字と色ですが、数字は時間を、色は空間を表します。これは東洋思想にある、天と地の間には時間と空間が存在する、という考え方に基づきます。生まれた年で本命星が、月で月命星が決まるので、これによりその人の物の考え方と性格を占います。また、自分が動くことで運勢を変えていくことができるというのが九星気学の根本にあります。九星気学のベースとなるのが九星図と呼ばれるもので九星の数だけ9種類の図があります。九星図の中央にはそれぞれ九星が記入され、その周りに残りの8つの九星が取り囲んでいます。周りにある九星は置かれる位置が定められており、それぞれ方位と性格を示しています。

今年の九星図

例えば中央の九星が五黄土星の九星図の場合、三碧木星の方位は東、性格は企画、再出発などになります。その年の九星図は西暦から割り出され、例えば2016年は四緑木星です。つまり、九星は毎年変わるのでその年の運勢や吉方位を、凶方位などを占うことができるのです。より細かく、月命星から月ごとの九星の移動による吉方位も調べることもできます。この九星図の中で自分の本命星がある方角が今年の吉方位になります。タイミングを計ってしかるべき方向へ動けば運気が開けてきます。吉方位を知ることで何ができるでしょうか。旅行に行く場合はその行き先や転居の方位を決める際の助けになります。先にも書きましたが積極的に吉方位に動くことで良い気を得る、裕気取りをして運気をもっと上げることができるのです。九星気学では本人の努力で運勢は改善します。

相性の合う友人を探す

九星気学では自分と相手との相性を知ることができます。相性が良い友人とは、一緒にいて楽しいというお互いに良い影響を与えることができる関係といえるでしょう。逆に一緒にいても悪い感情しかない場合は、相性が悪いという訳ですからお互いのために付き合いを辞めたほうがいいです。相手が自分と相性がいいかも九星気学で調べることができます。

願いを叶えるために

タロットカード

おまじないの一つとして手帳に叶った時のことを具体的に書くというものがあります。叶った時の喜びなどを詳しく記述しましょう。この時に強くイメージすることがコツです。また、ネガティブな気持ちで行ったり、人を陥れるなどのものはやめておきましょう。落ち着いて本当に叶えたいを考えてみましょう。

詳細